「子宝」(こだから)

春の三月は漢方古典書「黄帝内経 素問」では「発陳」(はっちん)と言います。
「万物が古いものを押し開いて、新しいものを出す季節であり・・・・生気が発動する。」
と言われています。

この頃の春山の賑やかさも子孫繁栄という生き物の自然の姿なのでしょうね。
さて 人間界は・・・。
薬局でも「子宝相談」を受ける程、「不妊」に悩む人が増えている。色んな原因があるようだ。一方で「産科では異常はない・・・」と言われる人も多い。

東洋医学では
正常な月事(生理)がある事が妊娠の本だと・・・。 
「不妊」がこうも増えて来ると人間が自然のことわりから外れているのではと・・思う。
「発陳」の季節、みずほの国にもたくさんのコウノトリが飛来してくれるといいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です