長梅雨は、何を・・・

「蒼朮を焚き ひそやかに すまひけり」漢方生薬にキク科のオソバオケラを蒼朮という。梅雨の時季にこれを焚いて室内の湿気を払ったとある。今は除湿機であろうが、古の人の知恵だ。外の世界の湿だけでなく、体内の湿をも除く力が自然力の蒼朮である。

気象庁発表によると昭和26年以来の長い梅雨。私の齢と同じだ、と思うとなんだか妙な気になる。

「脾は湿を忌む」漢方の世界ではお題目のごとく定理である。年中かもしれないが日本は「湿」が多いお国柄。よって湿の絡む病が多いので多くの除湿による漢方薬が汎用である。「湿」は重く、粘っこくなかなか取れない。古来よりの生活の知恵をもっと、いただきたい。

「植物はすごい」著者 田中修 身近にも自然の力があることを教えてくれる。

茗荷
茗荷です。

2020 8月 夏季休暇

いつもお世話になっております。夏季休暇は下記の通りです。

8月13日(木)から 8月17日(月)  まで休暇日です。

7月の訪問者

7月は、はげしい月、そして爽快な月。だと「季節のかたみ」の中で著者、幸田 文さんは描く。210mの山頂の木立の中にもコロナも来るのだろうか?訪問者は色々である。居住して初めて水道端で生き生きと動くサワガニを、そして日本蜜蜂たちの働く姿を見るとなんだかボーとして及び腰で生きることを恥じる。

夏野菜が収穫時期となった。夏のほてりの中で清涼感を与えてくれる。そして太陽の力も。これもまた見えぬ訪問者であろう