来ること、過ぎること。

新しい仲間がやって来ました。

春の植木市で出会った、なんじゃもんじゃの木(一葉たご)が加わります。
以前は動くものがやってくると感じでいましたが、なんだか最近は植物にもやってくる感じを憶えます。
そして、ゆっくりと過ぎ去っていく・・・。

歳のせいでしょうか?

知らず知らずの内に自分の前を多くのものが「やって来て、過ぎて行く。」
平家物語の「祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・」ではないですが全てのものが一時として止まることはないということ。
どんなことも。。

「やってくる」こと。
それは何か新鮮な響きに聞こえます。

最近、お店のHPを立ち上げてから女性の来店が以前より少しずつですが増えていることです。
いまこのときも、皆様との新しい出会いを楽しみにしています。

小宇宙と言われる人の体にも様々なものがやって来て、過ぎ去っています。
「なんじゃこりゃ」と言っているうちに。