ものわすれ

「なんだったかな?」「今日は何月何日かな?」
「78歳の主人の物忘れがひどくなっている。なんとか・・・」
認知症の軽度な部類のものだと思われます。長年を共に連れ添った婦人の心配顔がなんとも胸が痛い。。

世の中では増加の一途。私の薬局では少ない患者であるのですが。
ほとんどは病院から介護施設に行くケースとなります。

漢方では健忘症。心は神を臓し、血脈を主る。

この時の神とは精神、意識、思考。
「神は日中には血脈にあり、事にふれて是非を判断す。夜間は神の舎である心に帰り、意識活動をやめる」と。
神は血と共に巡るのだから、血の不足は大問題。(陰の充実)
そしてもう一つ。
陽気である。体がよく動くように。(陽の充実)
薬草の陽気を盛り上げる力を借り、体を冷やさず、楽しく生きること。
「おじいさん、それで どうなったの よかったね」をつづける日々を・・・。
いつまでも老夫婦に笑顔があるようにと願っています。