夏季休暇のお知らせ

天津彦根(アマツヒコネ)は龍神の姿で古来より目の乞いの神としてあがめられているのですが、祈願したくなるほど、あまりにも晴天が続きます。

夏野菜も庭木も水が恋しいですね。

ミョウガ収穫、ちょっぴり残念。

8月

891011121314
15161718192021
赤字は休業日です。

8/13 ,14日は通常通り営業します。

火曜日も休日に!

月光堂薬局のお休み日を変更します。

毎週 :日曜日・月曜日・火曜日  そして祭日(変更有)。

ご迷惑をおかけします。

農作業をはじめ、色々な事に触れることは健康・漢方にも何かしらプラスになると思います。
納得する70代の生き方を求めたい。

7月22・23日は休日ですが、営業いたします。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

古来稀なり

こんなに年月を重ねて来れたのか?と思いつつ門前の青空にそびえる
クヌギの大樹に目を向けると、古希の時がなんと短い時か。
コロナ「怖い、怖い・・・」と不安の風が日本を、世界を覆う日々。
誰も大声で「コロナなんて、風邪だ!」と叫けべず、マスクで口を覆う。

何かおかしいと感じなくなっている世間。
何もかも後ろ向きの生活を選ぶ気には古希の人間にはできない。
「古来稀なりの歳」まで来たのだから。
知の力を求めて、素晴らしい時間を取り戻そう。

年末年始のお休み

       12月30日(水)から1月4日(月)まで

1月5日より平常通り営業いたします。よろしくお願いいたします。

                                  

	

耐えて!寒さにも。コロナにも。

暖かな冬とはいえ じわりじわりと寒さが厳しく近寄る。そして、町の賑やかな所からコロナ包囲網は確実に地方に田舎に広がっている。なすすべもなく政府も個人の自助に頼る有様。

1964年8月、今から半世紀前に描かれたミステリー作家 小松左京 著「復活の日」を読んだ。戦争兵器として人間が凶器として生み出した変異ウイルスが世界を覆い、北極在住人以外全て死すというパンデミック小説は今、何かを教示しているよう思える。

人に感染する未知のウイルスは60万種とも80万種とも存在すると言われる。その中に人間が踏み込んでいく。地球の隅々に我が物顔で。

一体、自助とはなにか? 少しでも自分自身の体内にある防御システム強化しか、今できることないようである。積極的に自然に存在する力を日々少しずつ戴くように生きるしかないのではないだろうか。

       中秋の名月 !

遠い、遠い昔、紀元前12世紀 古代の殷代より太陽を陽、月を陰として易学は起こったのか?。でも月は何となく一抹の寂しさをを人の心の送るもの。農作物の豊作祈願と先祖への感謝を月に向かい祈る夜。 ススキを生け、野菜として芋を奉げる。コロナウイルスに身も心も乱れがちな日々にひと時のやすらぎを与えてくれるようだ。

私の山の畑にもイノシシが現れ、サツマイモを食べていったが、わずかに残していった。彼らも必死に生きている。殊の外、金山の芋はおいしいとの評判を聞いて来たのか?

生きている限り、老いと病がやってくる。陰陽五行説は長い長い日々から会得した一つの人の知恵である。漢方を治療の一助として活かす事は至難の業であるが・・・。        陰という食を入れて陽という気を生み出す。これが生きることなんだ・・・        なんて、「言うが易し・・」である。中秋の月見団子もお酒も美味しいものです。

なんと!!今年はもう一度10月に満月を仰ぎ見る。こりゃあ、困ったな。         傍で「飲みすぎ注意!」が聞こえます。

長梅雨は、何を・・・

「蒼朮を焚き ひそやかに すまひけり」漢方生薬にキク科のオソバオケラを蒼朮という。梅雨の時季にこれを焚いて室内の湿気を払ったとある。今は除湿機であろうが、古の人の知恵だ。外の世界の湿だけでなく、体内の湿をも除く力が自然力の蒼朮である。

気象庁発表によると昭和26年以来の長い梅雨。私の齢と同じだ、と思うとなんだか妙な気になる。

「脾は湿を忌む」漢方の世界ではお題目のごとく定理である。年中かもしれないが日本は「湿」が多いお国柄。よって湿の絡む病が多いので多くの除湿による漢方薬が汎用である。「湿」は重く、粘っこくなかなか取れない。古来よりの生活の知恵をもっと、いただきたい。

「植物はすごい」著者 田中修 身近にも自然の力があることを教えてくれる。

茗荷
茗荷です。

2020 8月 夏季休暇

いつもお世話になっております。夏季休暇は下記の通りです。

8月13日(木)から 8月17日(月)  まで休暇日です。

7月の訪問者

7月は、はげしい月、そして爽快な月。だと「季節のかたみ」の中で著者、幸田 文さんは描く。210mの山頂の木立の中にもコロナも来るのだろうか?訪問者は色々である。居住して初めて水道端で生き生きと動くサワガニを、そして日本蜜蜂たちの働く姿を見るとなんだかボーとして及び腰で生きることを恥じる。

夏野菜が収穫時期となった。夏のほてりの中で清涼感を与えてくれる。そして太陽の力も。これもまた見えぬ訪問者であろう