ブログ

やまのうえ薬局

44年間 真備町箭田にて薬局を営んできましたが、この度真備町上二万の205m反古(ほうぐ)山の山頂に移転開局しました。 北と西はコナラをはじめ大きな広葉樹囲まれ、東は岡山、倉敷の市街を望み、南は高梁川が瀬戸内海に注ぎこんでいます。四国さえ見...
ブログ

新年の装い

年々、正月というものの意識が薄くなるのは齢のためか? 年末、新年の装いはどうなっていくのだろう。 「また齢をとる」「ありがたきことに今年も無事新年が迎えられる」と心の在りようも様々。 餅つき、年越しそば、おせち、門のお飾り、神棚のしめ...
ブログ

きのこ

世界の大都会東京、新宿の高層ビル、高級車の溢れる百貨店の駐車場、平日の昼前の行列レストラン。交差点を祭りの如く溢れる人並み。 日本は、格差が広がり、同じ国とは思えないような光景を目にする。1時間ほどで倉敷に帰る。   私の住んでいる里...
ブログ

韮の種

天候不順で野菜の高騰が続いている。 我が家は、ほとんど自前の野菜で生活しているので本当のおいしさ(少し自惚れ?)が 食卓を楽しくさせる。 「また、野菜か・・・」と若かりし頃は嘆いた。 野菜の真のおいしさに感激する齢となったのかもしれ...
ブログ

祭り

稲が実り収穫が始まると間もなく、アチコチの部落の角に大きな祭りの縦のぼりが2本建つ。 白の布地に黒字の文字。青い秋の空にそびえ、たなびく様は童心時代のワクワク感を憶える。 大人も子供たちもどこか普通の日ではないはずだが・・。 昭和...
ブログ

一服

臨済宗の開祖栄西禅師は、「喫茶養生記」ではじめてお茶の効用を説き広めたと言われる。 激しい雨に秋の野菜つくりは中断され、「お茶でも一服」と家内に勧められて俄かに茶客となった。 無作法な私だが、「座って茶菓子を召し上がれ」の声に座った。 ...
ブログ

炎症

春一番の日、勉強会に参加した。 私たちの体にも日常色々なことが起こる。 「発赤」「熱感」「腫脹」「疼痛」これが炎症の4徴候だ。 早く治りたいと思いつつこんな反応が起こる。 これも大切な生体防衛なのだろう。 炎症には「急性炎症」「慢...
ブログ

新年あけましておめでとうございます。

丙申の年は、如何な年となるのだろうと暖かな正月の日差しを浴びながら思う。 良き年であってほしいとやはり願う。 「物事が大きく進歩発展し、成熟する年」が丙申の意味だそうだ。良い意味としてとらえるか否か? 立場の違いこそあれ、過去と現在の...
ブログ

飽食の時代から飢餓を感じる小食へ

毎日報道される移民として食べる事もままならぬ人々。 内戦で食糧難の人々。 それに引き替え毎日肥満を気にしながら食する人々。 「1日3食キチンと食べなさい」 と言われてきて、果たしてこれで良いのだろうか? 成長期の子供は別として...
ブログ

バネ指?

「毎日毎日、草と競争だ!」この季節になると近所のお百姓さんとの挨拶第一声。 朝早くからブーンブーンと草刈り機がうなる。その後また鎌、鍬を持って草を削る。 野菜は大きくなり、草は伸びるばかり! 人間のご都合が大手を振りまかり通る。 これ...