ブログ

ブログ

「芒種」

稲や麦の農作業を手伝う時「首にイガが入り、かゆい、かゆい」と祖父母にごねて何とか辞めたいとよく言ったものだった。 あれが「芒:のぎ」だったとは。 6月6日「芒種」24節気の一つがやって来た。「芒:のぎ」のある麦や稲の種を蒔く季節だそうだ...
ブログ

お裾分け

原稿を休んでいたら、いつの間にか24節気の「小満」。陽気が満ちてきて生き物が勢いづいている。 例年になく今年はサクランボが沢山実った?と思うがそれは勘違いかも・・・。 サクランボに群がる鳥達を見てはいたのだが、私達が口にするより先に早朝...
ブログ

甲午・謹賀新年

元旦7時15分。穏やかな初日の出。天津神、国津神、八百万の神々、代々の御親の神々に小祓い、大祓いを奉げた。 「甲」とは物事が吹き出し世の中が動き始める。「午」は極陽であり、徐々に陰が広がることを現すとか? 穏やかな新年とは裏腹に不気味さ...
ブログ

心は平安時代に

世界遺産の秋の宮島は妙に私たちを古の時代に導く。 TV大河ドラマの影響か? それともモンサンミッシェルの如き宗教的神秘の世界への憧憬か? 海に浮かぶ回廊や鳥居は独特の世界観かも知れない。 雨が降る日曜日にも拘らず大勢の人人。 ...
ブログ

栗の渋皮煮

大根、蕪、法蓮草、水菜等々秋の野菜作りが忙しい時期も少し落ち着いた。 この季節の代名詞、栗のシーズン。 毎年のように竹馬の友達が大きな利平栗を届けてくれた。 小生も栗を育てようと発心したが、残念ながら山の頂上では水が不足してしまうらし...
ブログ

旬と収穫時期

ことさら取り上げる事でもないかも知れないが、いつまでも一年生の百姓モドキには感じることがある。 この野菜の旬はいつ頃だなんて言われるが、これがまた面白い。 次々大きくなる夏野菜だが、採る時期が「時」がマチマチ。 紫蘇ジュースは7月終わ...
ブログ

ただの思い込み?それとも?

鶯は春!   春の訪れを告げる。 ホタルは真夏!   蚊帳の周りや何もない土門での乱舞。 夜の虫の鳴き声は秋!  涼しさが漂う長い夜。 なのに      真夏に早朝よりホーホケキョ。      ホタルは6月の半ばにはいない。...
ブログ

山歩き。朝の散歩?

何となく体が成長します、横に横にと。 メタボ、コレステロール値など気にする訳でもないが、畑仕事には太るとやりにくいので 気ままに早朝山歩きを始めた。 週末に集中する農作業に汗をかき、その後の一杯は何とも言えないのは小生だけではないでし...
ブログ

田植えの季節

南北に長い国日本。 もうすでに終わった所もあるが私には「6月田植えの季節」なのです。 田植えの時、母が産気ずき私を出産したこともあり、 そしてその出産日の数十年後が母の命日になるとは真に不思議である。 何とも言えない月(水無月)とな...
ブログ

ロコモティブシンドローム

高齢者社会は色んな病の人を増やしています。 「整形外科」「整骨院」の看板が町中に多いのは、 ロコモティブシンドロームという言葉のためか。 NHKの番組でも取り上げられた「ロコモティブシンドローム」とは 『運動器の障害』つまり、骨、筋...