小さな杖

梅雨の晴れ間の昼下がりに近所の老女が 「あれ持ってきて、金の玉。あれば安心なのよ。」と電話があった。 日本製薬商事の「牛黄清心元」は元気玉なんだろう。 たった一人農家に生活している。 老女にとって、子供たちがよく来てくれると言いながらも 「ここがいいのよ。私は!」 自活するとはいえやはり心寂しさが時折やってくるのだろう。 突然、、「患わずポックリいけるといいなぁ」 軒下の縁台に座り、配達した私に色々と話す時に笑顔がこぼれるのに切なさを感じる。 ポツリと「10日後に膝の手術をするが、帰ったらまた来てよ」 体ばかりでなく心の小さな杖になれると良いのだが・・・。

SONY DSC